click and drag to control the animation
click and drag to control the animation
click and drag to control the animation

【加齢臭ケア 正しい身体の洗い方】part.1

40代(アラフォー)になると加齢臭が気になり、悩んでいる方も多いと思います。特にエレベーターや電車、バスなどの狭い空間では、他人の体臭も気になります。
ましてや「自分が加齢臭を発しているかも?」と思うと周囲の視線も気になりストレスを感じてしまいます。

 

また、パワハラ(パワーハラスメント)、セクハラ(セクシャルハラスメント)の部類でスメハラ(スメルハラスメント)という言葉もあります。
スメハラ(スメルハラスメント)とは、臭いによって他人を不快な気持ちにさせることを意味します。あなたも、知らないうちに嫌な臭いで周囲に不快感を与えているかもしれません。

 

しかし、きちんと加齢臭対策を行うことで加齢臭を防ぐことができるのです。
加齢臭を防ぐことで周囲に不快感を与えることもなくなります。ましてや、周囲の目も気にならなくなり、ストレスからも解放されるのです。

 

そこで、40代のために、今日からできる簡単!加齢臭対策をご紹介します。加齢臭対策を行い、嫌な臭いを防いで素敵なアラフォーに変身しましょう。

 

加齢臭の原因、ノネナール

まず、加齢臭対策を行ううえで大切なのは、加齢臭の原因を知ることです。加齢臭とは、人が年齢を重ねるにつれ発するようになる中高年特有の体臭を指します。では、加齢臭の原因は何でしょうか?
実は、加齢臭は「ノネナール」と呼ばれる臭いの強い芳香族に属するニオイ物質が原因です。

 

この「ノネナール」は、年齢を重ねると体中に存在する皮脂腺(皮膚の内部にある、皮脂を分泌する腺)の中の皮脂(脂肪などを含み、皮膚や髪の毛の保護、うるおい保湿を行う成分)に含まれるパルミトレイン酸と呼ばれる脂肪酸が増加します。

 

それと同時に、活性酸素(強い酸化力を持ち、体内に入り込んだ細菌を駆除する働きを持つ)によって酸化された過酸化脂質と言う物質も増えはじめていきます。パルミトレン酸と過酸化脂質が結びつくことで、分解、酸化することで作られる物質です。

 

また、皮脂や汚れを皮膚上に存在する常在菌(日常的に存在し皮膚を守る細菌)が分解する際に臭いを強めています。
つまり、加齢臭は酸化した脂のニオイと繫殖した雑菌による臭いなのです。 身体を清潔に保つことが大事!

 

では、加齢臭対策はどのようにすれば良いのでしょうか?
加齢臭は、酸化した脂と雑菌の繁殖による臭いです。そのため、加齢臭を防ぐには常に身体を清潔に保つことが大事になってきます。

 

そこで重要なのが、毎日の入浴になってきます。「いやいや、自分は毎日きちんとお風呂に入って身体も綺麗に洗っているよ!」と言われる方も多いいと思います。
私も以前はそう思っていました。

 

実際、毎日お風呂にも入っていましたが、妻に「あなたの枕臭いよ」と言われるまで、気付かないうちに加齢臭を発していたのです。
毎日、お風呂に入っているといっても入浴時間も違えば、身体のどこから洗うかなど人ぞれぞれだと思います。

   

 - おすすめ体臭予防の方法

... ...
口臭ケア