【加齢臭を予防する】

加齢臭の原因

加齢臭の原因と効果性のある成分とは

 

加齢臭は、体から出る皮脂の一種を常在菌(身のに存在する菌)を分解することで発せられる臭いです。

 

歳を重ねると分泌が増える脂肪酸が要因で、食べ物や日常生活行動習慣を改善することでにおいを抑えるケースにはなりますが、何はさておきは石鹸やボディーソープなどで、菌の増殖を防ぐことが一番簡単な手法といえます。

 

大人の皮脂が要因でのこの臭いは加齢臭だけではありません。十分に解説をしていきます。

加齢臭の要素は「ノネナール」加齢臭の因子物質「ノネナール」は化粧品で有名な資生堂が1999年に見つけ出し、命名しました。

 

加齢と同じく増えるパルミトオレイン酸(POA)という不飽和脂肪酸が常在菌によって分解され排出されます。

 

パルミトオレイン酸(POA)自体はマカダミアナッツなどに含まれる脂肪酸で異常な強い臭いはほとんどありません。

 

常在菌が分解するさいに臭うというわけです。

ミドル脂臭の事由は「ジアセチル」男性化粧品で有名なマンダムが2013年に発表したミドル脂臭の事情物質「ジアセチル」。

 

40代以後の男性の頭部付近から発せられる独特の臭いで、女性が苦手な臭いであるといわれています。

 

汗に含まれる乳酸が常在菌のブドウ球菌によって分解されると発生するジアセチルと皮脂臭が混ざるといったことで不快な臭いの発生になるそう。

 

こちらも単体ではほとんど臭わないので、常在菌の増殖を防ぐといったことが大切ですね。

 

効能のある成分は?

加齢臭やミドル脂臭を防ぐには、「殺菌」と「消臭(=デオドラント)」を注意して、配合成分を見ながら製品を選ぶことが大切です。

 

においを発する要因が皮脂なので、余分な皮脂をきちんと落とす成分も一押しと言えます。




【驚運】【スマート 生活】 Advantage life

さて、【お得】🉐なクーポン情報が満載です。よろしければ、クリックし、ゲットしてください。 ・【神速】Uber ……